睡眠時にアイマスクや耳栓を使用するとどんな効果が得られるの?

眠るときに人がアイマスクをしたくなる理由

眠るときに人がアイマスクをしたくなる理由

明るい中では人はなかなか深い眠りにつけません。そもそもなぜ人は夜に眠くなるのかというと、メラトニンというホルモンが分泌されるからで、そのメラトニンは暗いとより分泌されます。

人がアイマスクをしたくなる理由は、明るい光が溢れる現代社会で、知らず知らずのうちにメラトニンを分泌させようとしている本能的な行動なのかもしれません。

また、働き過ぎの人にとっては少ない睡眠でも貴重なもの。その少ない睡眠が質の良いものであればあるほど、身体にたまった疲れを癒すことができます。

とくに日本人は世界の中でも働きすぎと言われるほどに、毎日忙しなく睡眠時間を削って仕事をしています。

アイマスクは睡眠の質を高めてくれるアイテムでもありますから、そういった意味でも自然と求めてしまうのでしょう。

眠るときに人が耳栓をしたくなる理由

眠るときに人が耳栓をしたくなる理由

眠るときに耳栓をする人は決して少なくありません。この理由は当然ながら騒音をシャットアウトするためです。人間、目は閉じることができても耳は塞ぐことができません。

そして、今では夜間であっても特に都心部、あるいは郊外の住宅地でもクルマの通りが絶えない地域に住んでいる人は多くいます。

その他の生活騒音も、昼間よりはもちろん少なくても、やはり気になるという人は多いものです。

また、別に眠れないほど気にはならないけれども、半信半疑でいったん耳栓を使ってみたら、これが非常にぐっすり眠る役に立つことが分かって手放せなくなったという人もいます。

普通の耳栓でも、だいたい30デシベル程度には騒音を軽減しますから、夜間はほとんど無音状態になるという環境が得られることも多いでしょう。

睡眠時のアイマスクと耳栓がもたらす効果

睡眠時のアイマスクと耳栓がもたらす効果

睡眠時のアイマスクと耳栓にはどのような効果があるでしょうか。人は目をつぶっていても、光が入ってくるため明るい光は睡眠を妨げます。

無意識であっても、明るい光があることで睡眠の質が低下します。かといって真っ暗な闇にする必要もありません。

アイマスクをすることで、余分な光を遮断でき深い睡眠を得る事ができます。耳栓を装着することで騒音を適度に遮断することが可能です。

騒音の中でもとりわけ人の声は睡眠を妨げると言われています。自分では何ともないと感じていていも、遮断することでぐっすり眠ることができます。

睡眠が浅いと感じているなら、アイマスクと耳栓を試してみましょう。装着に慣れないとどちらも、不快に感じるかもしれません。眠りにつくとほとんど気になりません。